モリンガ茶

10045

モリンガ茶

(10045)
在庫状態 : 在庫有り
¥1,296(税込)
数量

奇跡の木と呼ばれるインド原産の植物モリンガは、たぐいまれな栄養成分を含むことで、世界で注目されています。
人類に必要な栄養素のすべて約90種類バランスよく含んでいます。
 国連の食糧計画では栄養失調救済手段として役立てています。

 ★ではいったいどんな栄養素があるのでしょうか?

「モリンガ」に含まれる主要栄養素は、実に多彩です!!

ビタミン
ビタミン A (α、β-カロテン) ビタミン B1, B2, B3, B5, B6, B12, ビタミンC, ビタミンD, ビタミンE, ビタミンK, 葉酸, ビオチンなど。

yasaikudamonogousei

ミネラル

カルシウム、 クロライド, クロム, 銅, フッ素, 鉄, マンガン,マグネシウム, モリブデン, リン, カリウム, ナトリウム セレン 硫黄 亜鉛

tanpakugousei5

必須アミノ酸

バリン、ロイシン、イソロイシン、リジン、メチオニン、フェニルアラニン、トレオニン、トリプトファン

非必須アミノ酸

アライン、アルギニン、アスパラギン酸, システイン,グルタミン、グリシン、ヒスチジン、プロリン、セリン、チロシン、γ-アミノ酪酸

その他

食物繊維(水溶性、不溶性)、クロロフィル, カロテイノイド, サイトカイン,フラボイド、オメガ (3,6,9) オイル、植物ステロール、ポリフェノール、ルテイン、キサンチン, ルチンなどその他。

    注目はたんぱく質、アミノ酸の質と量の高さです。

青汁で使用されるケールなど他の素材に比べて、たんぱく質の豊富さはダントツで、
たとえばあした葉の約10倍、ケールの約15倍、さらには豚肉と比べても 1.4倍ものたんぱく質を
含んでいます。

なかでも注目したいのが、バリン・ロイシン・イソロイシン のいわゆる「BCAA(分岐鎖アミノ酸)」と
呼ばれるアミノ酸です。「BCAA」は、筋肉のエネルギーの源となる唯一の必須アミノ酸です。
筋肉を効率良く活動させる為、運動能力が向上し、集中力がアップしたり、運動後の疲労が軽減したりすると
言われています。

BCAAが理想的な比率(バリン1:ロイシン2:イソロイシン1)で含まれています。

アミノ酸補給を目的にしたスポーツドリンクやサプリメントなどは、科学的に合成したものや大豆、
乳たんぱくなどを原料に加工したものが多いですが、モリンガにはごく自然な状態でこれらが含まれています。これほどの栄養素を単品でまかなえる自然界のもというのは、他に例がないかもしれません。
モリンガのお茶には栄養素がたっぷり、飲みやすくカロリーはとても低いのでダイエットの味方!

インドネシアでは乳児を持つ母親の母乳生成促進効果が高いため「ミルクの木」とも呼ばれています。
植物でありながら、「ミルク」に匹敵する豊かなタンパク質をも含むことから理想の食品と言えるでしょう。

からだの実感として寄せられているお声では、お通じがよく快調、血圧の安定などですが、
薬ではありませんので個人差があります。

「モリンガ」の原産地北インドでは、1年で2~3mも成長し、刈り取った葉はすぐに新芽がでるほど生育旺盛です。

 

moringanoki258

「森のお茶」で、「葉」、「実」、「茎」、[種」、「花」、「根」とすべてが利用できる大切な木です。

 論文の中には、根には避妊薬としての効果、花には堕胎薬としての効果を示すものがありました。
もだま工房さんのモリンガには、根や花は含まれませんが、万が一の為に妊婦さんのご使用は、控えるように提案されています。

栄養がたっ~ぷりです!!

内容量 30g  1296円(1200消費税96円)