クミスクチン

10050

クミスクチン

(10050)
10050
在庫状態 : 在庫有り
¥864(税込)
数量

クミスクチンは東南アジアが原産と言われ、マレー語で、
『ネコのヒゲ』を意味しています。

海外では「JAVA tea」と呼ばれ、大変人気があります。
(現在日本で流通しているJava teaは紅茶が主流で別物です。)

日本では主に沖縄で愛飲されており、
「ウコン」「グァバ」に並んで三大薬草茶と呼ばれています。

ヨーロッパでは100年以上前から医薬品原料(利尿作用)として
むくみなどに利用されています。

クミスクチン茶に含まれる「ロズマリン酸」は
近年さまざまな効能で注目を集めている成分です。

糖分や脂肪分の吸収を抑えるため、肌の不要な皮脂を抑え、
ポリフェノールによる抗酸化作用によって「老化防止」「美肌」に
いいと言われています。

シソ科の植物に含まれるポリフェノールの一種で、
アレルギー軽減物質ながら副作用がなく、花粉の時期にも人気があります。